« 老け印象の科学 ~ 所さんの目がテン | トップページ | 普段捨てているものの 美味しい食べ方 ~ 相葉マナブ »

2014年3月16日 (日)

疲れの科学 疲れの謎を解明 ~ 所さんの目がテン

2014/3/16(日)朝
日本テレビ系
 所さんの目がテンより

疲れの謎を科学的に解明

疲れの正体・原因・
疲労回復に効果的な
食材を紹介していました


唾液に含まれるHH-Vという
ウイルスの量から1ヶ月以上
蓄積した疲労がわかる

その数が10万を超えると
かなりお疲れの状態


疲労の原因物質

FatigueFactor
ファティーグ・ファクター

2008年東京慈恵会医科大学
の近藤一博教授によって
疲労の原因物質として
発見された

マウスを使った実験に
より発見された


疲労のメカニズム

人間は活動をする時に
必要なエネルギーを作り出す
ため酸素消費する

この時活性酸素が発生する

活性酸素は本来、酸化力に
よって細菌やバクテリアなど
を退治する働きがあるが
人間の細胞もさびさせる

このさびによって発生するのが
通称FFと呼ばれている
ファティーグ・ファクター

FFが体内にたまると脳から
体を休ませる指令が出て
倦怠感・意欲低下がおこる

肉体的なものだけでなく
退屈な映像を見たりして
精神的に疲れてもFF値は
上がる

運動による疲労は筋肉の
細胞が錆びる

精神的疲労は脳の細胞
が錆びる


疲れを取るのに最適な方法

マッサージや入浴すると
血行が良くなり、疲れの
元の老廃物が出るが
刺激を与えすぎるとよくない

人によってマッサージや
入浴によりFF値が増加する
人もいる

それでも疲れがとれたと
感じるのは脳から出る
快楽物質によって
疲労感が抑えられるから

この疲労感を感じないで
疲労が蓄積していくのは
危険で生活習慣病や免疫力
低下を起こしやすいという

疲れを取るのに最適な方法は
睡眠で入浴やマッサージに
よって血行が良くなり
睡眠の質は向上する


疲労に効果のある食材

鶏のむね肉には疲労回復
の効果がある

鶏のむね肉には
イミダゾールジペプチドが
豊富に含まれていて細胞が
活性酸素でさびるのを防ぐ
抗酸化作用がある

他の抗酸化物質と違い
鶏のむね肉は抗酸化力が
長時間持続するという

脳の中の自律神経の中枢
などの疲れやすい所にも
効果があるということが
わかっている

ただし毎日とったほうが良い






|

« 老け印象の科学 ~ 所さんの目がテン | トップページ | 普段捨てているものの 美味しい食べ方 ~ 相葉マナブ »

医療・健康・ダイエット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281252/55392865

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れの科学 疲れの謎を解明 ~ 所さんの目がテン:

« 老け印象の科学 ~ 所さんの目がテン | トップページ | 普段捨てているものの 美味しい食べ方 ~ 相葉マナブ »