ゲーム

2010年2月15日 (月)

恋愛コミュニケーションゲーム ラブプラス ~ 情報エンタメLIVE ジャーナる!

2/14(日)夜 「情報エンタメLIVE ジャーナる!」より

発売2ヵ月で16万本を売り上げた恋愛コミュニケーションゲーム
ラブプラス(コナミ)についてレポートしていました。


司会の三宅裕司 さんがニンテンドーDSで体験していました。
ただの恋愛ゲームで前にもこの手のゲームはたくさん
発売されていると思うのですけれど妙に引かれるところが
あります。


驚きなのは彼女がいる人、結婚して奥さんのいる人までが、
はまっていると言うより、既婚の人のほうがはまりやすいの
ではとTVを見ていて思いました。


TVでは、交際3年の彼女がいる彼氏がゲームを自宅で
やっていたところに彼女が帰ってきて場面が放送されました。
彼女はそれをみて ”なんかイラッとする”とか
”なんかやだ”といっていました。
彼氏は”別にゲームじゃん”といっていました。

また、コメンテーターの竹田圭吾氏(ニューズウィーク
日本版編集長)までが、世も末と言っていながら、
凛子ちゃん(ゲームのキャラクター)が気になる
(この気持ちは同感です)といい、
フジTVのアナウンサー加藤綾子さんも
”ちょっとやですね” ”絶対に勝てないような気がする”
”浮気されるよりもいや”といっていまし。

女性が軽いジェラシーに似た気持ちになるのも
非常によくわかるし、言った言葉の裏側にある
心理のようなものがよくわかります。


たかがゲームでシュミレーションで、くだらないのですが
世も末だ、そう考えている人ほど、はまりやすいと
思われますのでご注意を!!

バレンタインにチョコレートをもらったり、
告白されたり、放っておくと嫌われたり
結構リアルのようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)