スポーツ

2012年7月22日 (日)

日本作られたロンドン五輪グッズ ~ ヒットの泉

2012/7/22(日)朝
テレビ朝日系
  ヒットの泉より

まもなく開催される
ロンドン五輪で
使用される日本で
作られているグッズ
を紹介


1.ブレード
タバタ
 2205円~

タバタの競泳選手用ゴーグル

日本選手8名が使用
することを決定

従来のスウェーデン製の
ゴーグルをつけると
欧米人には合うが
日本人にはレンズが
飛び出してしまうので
平たい日本人の顔に合う
ように作られているという

水の抵抗を47%抑え
100m50秒で進んだ場合
理論上100mで0.22秒
タイムを縮めることができる

実際使った感覚は顔の
前を水が流れる感覚が
あるという

スポーツカーの空気抵抗
を軽減する技術が
水の抵抗軽減として
応用されている


2.ハンマー
ニシ・スポーツ
 81900円

ハンマーはマイハンマーでは
なくオリンピック組織委員会
が用意する

ニシ・スポーツのハンマーは
よく飛ぶといわれている

よく飛ぶ技術

1)大きさ

オリンピックの規定ぎりぎり
まで小さく削っている

2)重心

よく飛ばすのに必要なのは
遠心力で選手から
重心が遠いほどよく飛ぶ

重心はヘッドの中心から
6mm未満という規定がある

比重の違う鉛とタングステン
の分量を細かく調整する
ことでこの重心をギリギリ
までずらしている

去年の世界陸上の金銀銅
すべてのメダルはニシスポーツ
を使った選手が入賞


3.バレーボール
MVA200
ミカサ

ロンドン五輪のバレーボール
で使われるの公式球

国際バレーボール連盟から
ゲームを盛り上げるように
ラリーが続くボールとの
開発要請があった

その要請に答えるために
ボールの表面にくぼみを
1個のボールに対し
8000個加えたので
滑りにくくなったという

ラリーが続くボールは
日本が勝てるボール
でもあるという



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

2週間で太らない体を作る 魔裟斗流ダイエット ~ スクール革命!

2010/7/11(日)昼 
 日本テレビ系 スクール革命!より

K-1を引退した魔裟斗が
自ら減量した経験から
ダイエットについても
語っています

いまでも、週6回
トレーニングに通って
いるそうです


ダイエットと減量の違い

減量
ただ、体重を落とすこと

ダイエット
太らない体を作ること

やせるからだ作り

筋肉の量を増やす→
代謝が上がる→
太りにくい体ができる

適度な運動が確実に必要

適度を運度を続けないと
戻ってしまうとのこと

魔裟斗流ダイエット

食事
1日3食しっかり食べる

推奨するメニュー
海草サラダ
ささみの串焼き
蒸し野菜
ホッケの塩焼き
イカの醤油焼き

よくないメニュー
からあげ
炒飯
ハンバーグ
回鍋肉
ラーメン
てんぷら

朝昼は制限がありませんが
ドカ食いなどカロリーの
取りすぎに注意とのこと


運動

食後は軽い筋トレを行う

筋トレ

腕立て伏せ 15回
胸筋・二の腕などに効果的

もしできなければひざをついた
状態でも筋力アップにつながる

腹筋 15回
体幹・お腹などに効果的

ニーアップ 15回
(ももをあげるだけ)
下腹・脚などに効果的

ウォーキンググランジ 15回
(頭の後ろに腕を組み
左右の脚を大きくかわる
がわる前に出す)
脚・おしりなどに効果的

キックバック 15回
(片手を床やベッドにつき
片手に水の入ったペットボトル
(500ml位)を持ち、前後に
軽く振る)
二の腕などに効果的

有酸素運動
軽いジョギングなど


じっとしてても消費される
エネルギー
基礎代謝は筋肉量に
比例します

運動して筋肉をつければ
同じ量食べても
太りにくくなります

ただし、運動をやめてしまえば
基礎代謝が落ち太り
やすくなります


番組でおまけのように
出演した元巨人の
プロ野球選手も
ダイエットについて
語っていましたが
見るからにダイエット
失敗のような体を
していては説得力が
まるでなく
ここでは割愛しました







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

魔裟斗オススメ メ シェイプアップグッズ ~ スクール革命!

2010/7/11(日)昼 
 日本テレビ系 スクール革命!より

K-1を引退した魔裟斗が
オススメのシェイプアップグッズ
を紹介しています


1.パーフェクトプッシュアップ

腕立て伏せをサポートする
ものだが手首が回転する


使い方は腕を曲げるときは
普通の腕立てと同じだが
腕を伸ばすときに手首を
内側にひねるように
回転させながら伸ばす

筋肉をパンプアップさせる

パンプアップ
十分な負荷を筋肉に与えた後に
筋肉が膨れ上がっているような
感覚のこと


2.スリムトレーナー

前後に動くローラー

トレーニングのグッズとしては
よく見るグッズです

腕立て伏せをするように
ささえ、前に移動させ
からだを沈ませながらのばす
伸ばしきったら腕を手前に移動させ
元の状態に戻す

普通はひざをつけないと
難しいとのことです

腹筋や背筋など体幹部を
鍛えることができる


その他のシェイプアップグッズ





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

時速150kmの剛速球を打つ方法? ~ 情報プレゼンター とくダネ!

2010/3/18(木)朝 フジTV系 情報プレゼンター とくダネ!より


映像はバッティングセンターで150kmの球に
バットを当てる女性を映し出した

野球経験のある番組のディレクターは
そのあと同じ球に空振りしていた

この女性、野球経験がまったくないと言う
見れば確かにバットを振ると動作ではなく
当てていると言う感覚に近い

この女性、呉真由美という速読インストラクター
だという

結論的には速読していることで球が
遅く見え、球をバットに当てることが
できるという


野球経験者であっても150kmの球を打つのは
難しい


速読すれば150kmの球を打てるという根拠もない


ただし、目がよくなったなど速読の2次的効果が
あるというのは確かなようである


速読とはただ早く本を読むと言うだけでない

普通本を読むとき文字を追っていくが
画像として覚えるらしい

イメージとしては
目がレンズで、高速でシャッターを押し、
脳と言うメモリーに焼き付けるような
感じだと思う

こう考えると、150kmの球を打つ
というのも、あながち的外れでも
ないようである


球を線で捕らえるのでなく
1画像として捕らえているのでは
ないのだろうか

むかし、球が止まって見えると言った
プロ野球選手がいましたが
速読の達人レベルになると
そんな感じになるのではないだろうか


個人的には多少なりとも
速読は速い球を打つのに
効果があると思う

番組ではMCの小倉氏が速読を実行し
オープン戦で結果を出しているプロ野球選手が
いるとコメントしていた

そういえば、小倉氏は西武ファンで、
菊池雄星選手が合宿に入るとき
多数の本を乗っていたのを思い出した
   

ケチをつける気はありませんが
速読の達人をVで見たことがありますが
速読している割には読むスピードが
遅いような気がしました

だた、時速150kmの球を打つのは
すごいの一言です

時速150kmの球を打っていた速読インストラクターの
ブログです

速読インストラクター!呉真由美のブログ


かんたんな速読トレーニング
 1.呼吸法
   腹式呼吸で6秒息を吸い、12秒で吐く
   10回3セットくらい

 2.眼球のトレーニング
   顔を正面に向けて、上下左右に
   目だけを動かす
 
 3.本読み
   縦書きの本を読むとき
   1文字1文字目で追うという感覚でなく、
   目を上から下に流すようにして
   画像として覚える感覚で見ます

 これを行うだけでも効果があると思います




| | コメント (0) | トラックバック (0)