環境

2009年11月11日 (水)

松茸

11/8(日)夜 テレビ朝日系!地球号食堂より

松茸は高価なものの代名詞のようになっていますが、
効果になってしまった理由は夕までもなく数が減って
しまったことです。

なぜ減ってしまったか。
1つは生育環境が変わってしまったからのようです。
昔は山にいって、たきぎや落葉をひろって
燃料にしていたため、地面が松茸の育ちやすい環境に
あった。今は(高度成長以降)はったらかしにしていることで
材木や落葉がたまり育ちにくくなったという。
もう1つは松枯虫が温暖化により北上して
生育分布が日本全体に広がってしまったためであるという。

人間の生活の変化は人間だけでなく様々なものを変えて
しまう。あらためて、その影響力を認識しました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)